見た事、聞いた事、嬉しかった事、腹が立った事等々…日常で起こった事&感じた事を、体験経験ベースで、自然体で綴っている「生活情報&豆知識ブログです!お暇なときに読んでいただければ幸いです。そして…私の投稿内容が誰かの役に立ちますように…✨そんな思いを込めて…

★…H27年12月10日、JAL(日本航空)に関する事はココ!…カテゴリー
スタート!

★…H27年11月3日、連載「FX独学の記録」の投稿はリニューアルいたしました!沢山あった記事を内容毎に2本の記事にまとめました。どうぞご利用ください!→10月27日投稿分「FXを素人から独学するときに私がやってきた7項目」と11月3日投稿分「為替を素人から独学!…実際取引スタート!…大切な7項目」の2本です。サイドバーのカテゴリーは「FX(為替)と私★素人から独学の軌跡」になります。

★…H27年10月、「私のつぶやき(Twitterより)」をサイドバーに表示スタート!
是非お気軽に!フォローお待ちしております!
(PC、スマホ、ケータイ…全てでご覧いただけます!)
 
★…H27年9月より、写真日記ブログ「空ログ✡地ログ」もはじめました!
Instagramからのものです!
是非お立ち寄りください…http://fujikko.hatenablog.com/

★…H27年8月6日より、自作の動画を公開スタート!
(YouTube★Fujikko Channel)https://www.youtube.com/channel/UCfIWiG26eFw5Vll6HP8V3Rw
このブログの「動画カテゴリー」からダイレクトにご覧いただけます!

FX(為替)と私★素人から独学の軌跡

Myつぶやき…かわせ相場観(ドル円相場)1

ブログネタ
雑学 に参加中!
 
Myつぶやき相場観アイキャッチ

不定期ですが、何か!ピピピッときたときは、下記のようにつぶやいていきます
2016年2月13日追記投稿しました!
********************************************

<同じカテゴリーの記事のご紹介>

●FXを素人から独学するときに私がやってきた7項目

●為替を素人から独学!…実際取引スタート!…大切な7項目
       

********************************************
<2016年2月13日投稿>

今日は土曜日、窓の日となりますが、先ほど数時間前にニューヨーククローズして数時間経過した…ということになりますが、「どれどれ」ということで、ドル円相場のいろんな足でチャートを眺めましたところ、感じたことをちょっと綴ってみますネ!

下の写真もチラチラ見ながら、読んでいただくと幸いです!
私が注目したいのは、遅行スパン(ショッキングピンクというかパープルのライン)とロウソク足の位置関係です
ドル円相場においては、遅行スパンがロウソク足よりも上に位置するのは、ついに月足だけになっています。今現在のドル円相場の傾向として、向き圧力が強い(円高方向)ということが言えます。ただ月足も、そのうち「下に抜け切ることもあるかもしれないな~」と、この先も注視していく必要があるようにも思えます。
今週のドル円相場、私の感想としては、「ここまで円高方向に動くのか!!」といった驚きの一週間でした。想定以上の円高でした!
まだまだいろんな懸念材料が漂っているようですので、みなさん!どうぞしっかり研究してエントリー&イグジットしてくださいネ!相場イメージがわかない時は、どうかエントリーしないでください!

↓今朝ニューヨーククローズ後の週末土曜日のドル円
週足チャート
ドル円相場・為替相場観その1

↓今朝ニューヨーククローズ後の週末土曜日のドル円
日足チャート
ドル円相場・為替相場観その2

↓今朝ニューヨーククローズ後の週末土曜日のドル円
月足チャート
ドル円相場・為替相場観その3


********************************************
<2016年2月4日投稿>

久しぶりの追記投稿です!
ドル円相場…あまりにも荒々しい値動き、そして波乱に満ちた様々な状況(原油価格のこと、中国のこと、日銀マイナス金利云々…)、ドル円相場は、なかなか落ち着いた相場環境にはなりませんネ!
私は、上記の様々な状況が落ち着くまでは、ドル円相場の環境を静観し、チャートの状況で、市場参加者がどんな心理状態なのか?…だけをしばらくチェックするのみにしようと決めました。
私の周囲では、株や為替のトレーダーの方々の中に、やはり動きを読み切れずに、やられている人も、何人かいらっしゃいます。正月明けから今に至るまで、ドル円相場にしろ、株にしろ、ホント荒々しい値動きだと思います。
こんな情勢にもかかわらずポジション構築される場合は、しっかりと研究していただき、信用買いは控えた方がいいんじゃないかな~!元本取引のみ…に徹したほうが無難でしょう!やられないように最新の注意を払ってくださいネ!

********************************************
<2016年1月9日投稿>

新年早々、波乱に満ちた相場となっていますが、みなさんはどのようにみてらっしゃいますか?
前回の投稿にもありますとおり、私は、依然様子見のままです。毎日ドル円相場のチャートだけはみていますが、今年いっぱいは、何とかドル買いトレンドと言える状態で、今年のどこかでスイッチ(円買トレンド)かと思いきや、年始早々いきなりスイッチしたかと思えるような相場展開には驚きを隠せません。チャートに出ているサインも冴えないものばかりで、ドル円相場において、遅行スパンがロウソク足の上部に位置するのは、ついに月足だけとなっています。私は、今暫くチャートを眺めることだけに留めようと思っています。

********************************************
<2015年12月30日投稿>

追記投稿
ドル円相場…ここ暫く、上値は重いですネ!
私は、年末近くから、ポジション持たずに、ちょっとドル円相場の様子をみることに徹しています。
今までのよくあるパターンのような動きではないから、読めないな~と思って!

よくあるパターンとは、Xmas明けはアメリカ勢が戻ってきて、わ~っと動くんですが、それも、今年度は無い感じですし…読めないのです。
年末頃のアナリストの意見も、ちょっとばらつきが大きい感じもあり、今はみんなにとって、読めないのかな~と!
こんな時は、何もしないで、チャートだけみておこうかなって!

ドル円相場…もう一度125円50銭あたりまで、タッチはするという意見やら、130円までは行くという意見やら、いやいや無いよという意見やら、いろいろなシナリオがあって、ひたすら読めない…が私の考えていることです。

歴史的にみても、ドル買い方向は今年が一旦最後で、この後は、ドル円相場は円買い方向に…ということも、いわれていて、2016年の年末のドル円相場は110円…なんて予想をだしている人もいらっしゃいます。

みなさんは、どう考えていますか?

********************************************
<2015年11月9日投稿>

勝手にホッとしている私ですが…
先週末の雇用統計、一先ずホッとしています。
ドル円相場がドル買い(円安)方向にググっときたからです。

結果が良かったのは、何かと購買する時期だから…という、この時期ならではの単一的な結果…とも言われていますが、

この時期になると、私は…
クリスマスまでのドル円相場の流れ、
クリスマスが終わった後のドル円相場の流れ、
年末までのドル円相場の流れ、
正月~正月明けの流れ…を想像し始めてしまいます。

今までの数年間のドル円相場のことしか、私は、わかりませんが、
アメリカの投資家たちは、クリスマスの何日か前から、休暇をとりはじめるので、クリスマスまでは、かわせ相場は閑散とし、ドル円相場も理由がみあたらない理解不能な動きをします。

クリスマスが終わると、日本は「さぁ年の瀬だわ~」という気分ですが、アメリカ投資家たちは、「さぁ新しい年度の始まり!」といった状況です。アメリカには正月はありませんからネ!

だから…実はここからが目を離せないチャンスが多かったりもします。日本は年の瀬ムードで仕事納めって感じですが、投資家にとっては、この時期からスイッチONです。ドル円相場も結構メリハリ良く動きますよ!

そして大晦日から元旦…
投資家にとっては、ハッキリ言って、大晦日どころではありません。仕事したほうがいいです。除夜の鐘のなる頃はアメリカタイム中なわけで、ドル円相場もバシバシメリハリ良く動きますよ!このメリハリな動きは、正月三が日の間は、いけてるような印象です。大晦日…気分的にポヨ~ンとしてしまって、なかなか「さぁ仕事」って雰囲気にはなりませんが…(笑)

それと…一つだけ気を付けるとしたら、この時期は、市場自体が、何かと「短縮取引」といって、通常よりも商いの時間が短かったり…も導入されますので、よく調べながら対応してくださネ!ネットで調べられます。

********************************************
<2015年11月5日投稿>

気が付けば、もう11月にはいってしまいました。
今年も残すところ、あと2ヶ月ですネ!
前回の10月11日にもつぶやいた通り、今回の相場観も、やっぱり前回と一緒です。私は…!

明日は、月の初めの金曜日ということで、毎月注目の「米国雇用統計」の発表日!
市場が注目しています。私も、もちろん注目しています。

どちらにせよ!」
ドル円相場は、少しづつ少しづつ底固めをして、少しづつドル買い方向にグイッと向いてきてるな~と私は思っています。

年内の数えるほどの、主な方々の発言や経済指標発表の内容次第で、ドル円相場の方向感はドル買いでハッキリ出てくれるのかな~?

このどっちつかずの膠着状態は、ソロソロ卒業したい…
ハッキリしないの疲れますネ!


********************************************
<2015年10月11日投稿>

パッとしない動きが株にしろ、ドル円相場にしろ、しばらく続いていますが、
みなさんは、どんな商いをしているのかな?
こういう時って、他人のことが、ちょっと気になるものですネ!

ちなみに…
私は、ポジションがエントリーしているので、リカクのタイミングを「私待つわ!」状態です。
待っているだけだから、スワップが毎日入っているだけ…ですネ!
でも…銀行の利息よりはマシ…ですよ~(≧▽≦)

私の投資のスタンスは…
基本「一本仕掛けのデイトレード」、かつ「トレンド方向のみエントリー」

万一、その日にリカクできなくても、維持率さえ大丈夫ならば、
チャートとにらめっこして、様子をみながら、対応していきます。

まあ~最近は、ドル円相場において、「上下動が激しいな~」という相場が、何回となくありましたが、その一日一日の相場にバタバタと振り回されるのも嫌いなので、そういう時には下記のように考えて、気持ちを静めます!

私の場合、
デイトレードなので、普段動かしているときは、(5分足チャート)で、お仕事をします。

今回のように、様子をうかがっていくときは、
下記写真のような(日足チャート)や(週足チャート)も参考にしていきます。

最近のドル円相場の動き…
(5分足)だと、上下動繰り返して方向感が感じない…って感じですが、

(日足)だと、上に行ったり下に行ったりしながらも、とにかく120円あたりに戻ってきて、
張り付いている感じが伝わってきます。(ここに居るのがいいのよ~みたいな…(笑))
(週足)も概ね(日足)と同じことが言えます。

しかも…
(週足)と(日足)は平行線上で「120円…頑張ってここで固めてるよ~」みたいな気合が伝わってきます(笑)
要するに、よく言う「底堅い状態」ってやつです。

結論として…
私は、ドル円相場、いつかまた125円50銭くらいまでなら、戻る日が来るように予想をしています。でも、今年の年末までに、ここまでは戻らないかな~との予想もしています。

ま~維持率みながら、焦らず、マイペースで行こうかな…
       

(日足チャート)一日一日の流れがわかる    
ドル円相場・為替相場観その5


(週足チャート)週ごとの流れがわかる
 ドル円相場・為替相場観その4

↑↑
ロウソク足の下にヒゲがピョンピョン出ているものが多いですが、
これは、まさに「下げさせない力強さ」を表しています。
底堅い状態…なのです…(^^)/

~~~~~
スポンサードリンク


~~~~~
スポンサードリンク

CFDとは…
世界の株価指数、国債、原油、金など…あらゆる商品が少額から取引できるようになりました。その取引のことです。


~~~~~

◆私の他のサイトにも、お時間があるときに、是非覗きにきてください!
私って、「こんな人」ってところ、伝わるといいんですけど…(笑)

<Myユーチューブ>Fujikko Channel
東京湾の花火や夕暮れ時のタイムラプスを観ていただけます。
FBページ顔小

<空ログ✡地ログ>写真ブログ

色んな空の景色、色んな場所、写真とちょっとした説明で、感じたままを綴っています!
空ログ地ログ


にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ    

!(^^)!SNSのシェアボタン…よろしくお願いします!

為替を素人から独学!…実際取引スタート!…大切な7項目2

為替独学その1

この投稿は、2015年10月27日投稿の「FXを素人から独学するときに私がやってきた7項目」をすでにお読みになり、為替を実際取引スタートできそうな状況まで辿り着いた方向けの内容となっております。

2015年11月3日、
読者が更にご利用していただきやすくするためにリニューアルしております!
*****************************************************
~~~目 次~~~

<1>「為替、実際取引スタートしたら…こんな作業イメージ」をひたすらデモ上確認!
<2>為替、商い(投資)のスタイル…千差万別
<3>為替相場があまり動かない時期…ステキな充電期間ですよ~
<4>為替…大きく動いた後は慎重にエントリーしましょう。
<5>為替取引…自分の目指す取引への「こだわり」を大切に
<6>為替、よく考えて「エントリー」&欲張りすぎず「リカク」
<7>為替、「損切りの金額」っていくらならOK?…あなたはどう考えますか?

*****************************************************


<1>「為替、実際取引スタートしたら…こんな作業イメージ」をひたすらデモ上確認!

作業のイメージは、はっきり言って、十人十色です。

サラリーマンなので、日中は自由自在に為替チャートを見ることはできない人
専業主婦なのでいつでも為替チャートをみることができる人

…というような具合に!

サラリーマンだと、デイトレードで毎日サクサクとタイムリーに儲けを出すのは、厳しいかもしれません。なぜならば、絶好のチャンスが到来しても、頻繁に為替チャートをみることができないし、決済の注文入力すらできないからです。

サラリーマンの場合、あまりカリカリせず、もうちょっとユッタリと構えてやるウィークや中長期の投資方法しか厳しいかもしれません。考え抜かれた決済の値段であらかじめ注文を出しておく(決済指値注文)やり方です。

デイ(一日で結果をだす)なのか…
ウィーク(一週間で結果を出す)なのか…、
中長期(一か月で結果を出す)なのか…

自分の投資スタイルを、しっかり決めてください。
投資スタイルが決まったら、(トレンド方向に)ポジションをエントリーしてみましょう!
エントリーするとき…
(買ポジション)ならば、なるべく下で買って、上で売る
(売ポジション)ならば、なるべく上で売りから入り、下で買い戻す

…これが、基本ですので、しっかり計画を立ててポジション・エントリーしてください。
そして、いくらになったら、決済(リカク)するかも、必ずイメージしておいたほうがいいです。
あくまでも、「計画的に…」を心掛けてください!

ロウソク足をしっかり扱えるようになることは、とても大切です。
そして、為替チャートの軌跡は、その時の市場参加者の気持ちが表れていますので、為替チャートを見て市場参加者が「今こんな気持ちになっているんだな~!」と感じられるようにしてください。

5分足(今の動きを把握するとき)
日足(一日の動きを把握するとき)
月足(一か月の動きを把握するとき)

自分が今調べたいことに対する、ロウソク足を正確に選ぶ。
ただし、一つの(足)で判断せず、色んな(足)で、総合判断するようにしてください。

物事って何でも言える事ですが…
近くからだと何もわからなかったけど、遠く離れた所から見ると、思わぬことを発見したりって事…よくありますよネ!
為替チャートのロウソク足も一緒で、今の慌ただしい動きしか見て取れない(5分足)や(1分足)ばかり見ていても、全体像がなかなか見えてきませんので、時々(日足)や(週足)を見て総合判断するようにしてください。

自分の相場予想をたて、ニュースでも情報収集をするのですが、最後は「自分はこう予想する」と最終予想は必ず「自分の予想」であることが大切です。他人の予想は、あくまでも参考にするためのものです。どんな時も、他人の予想に振り回されないようにしてください。

(為替の情報収集ができるメディア)
たくさん種類はありますが、参考までに…
ロイター通信、モーサテジャーナルのような為替アナリストの相場評価が聴ける番組なら何でもよろしいかと思います。自分が馴染める番組でどうぞ情報収集なさってください。

ポジションの管理方法
利益確定のために決済の指値をすでに注文出しているにしろ、出していないにしろ、
今現在の値段が利益確定の指値の値段のソバに来ているか否か…によって、忙しさは変わります。

今現在の値段が自分の決済注文の値段のソバまで来ていない時、一日に2,3回は「今いくらかな~」とサクッと確認するだけ!これ以外は、何もやることがありません。
値段が近づくまで暇です(笑)

今現在の値段がいよいよ自分の決済注文の値段のソバまで来た時、ベストな状態は、ずっとPC付けっ放しで、値段の動きをジーッと見張ることです。要するに、「ライブで取り組む」ことですが、サラリーマンなどは、不可能ですので、指値注文をしっかりと勉強してください。


<2>為替、商い(投資)のスタイル…千差万別

実際の為替取引をやり出す前に、自分の中でイメージしておいたほうが良いと思うお話です。

1日は24時間、為替取引は24時間いつでも取引ができるのが魅力なわけですが、だからといって、私たちが、24時間いつでも取引きできる状況ではありません。
 
ある人は…
朝出勤時間は早く、夜は早くても22時帰宅、夕食の後お風呂に入ったら、為替のこと、ゆっくりと取り組む暇なんて、到底ありえない!

ある人は…
夕方子供が帰宅するまでは、まあまあ時間があり、為替に取り組む時間は努力次第で、何とかなりそうだけど、夕方子供が帰宅すると、夜就寝前まで何かとバタバタしてしまい、為替に取り組む暇なんて、到底ない!
このように、人それぞれライフスタイルは全く違います。

自分のライフスタイルに合わせて…
且つ時間帯に対しての為替特有の動きに合わせて…
且つその日の為替の予想される動きに合わせて…

なるべく具体的に商い計画を立てておくことは、 タイムリーに儲けを出すためにも、とっても大切なことです。 しかも、この商い計画は毎朝確認するのがベストです。

あとは…
いつでも為替をみれるのならば、ライブで商いを仕掛ける!
又、指値で仕掛けを作っておいて、仕事に出かけてしまうのか!
イメージがわかない時は、 「今日は何もしない」…という選択肢も、もちろんOKです。

ということで…
今日は、私が自分で作成した時間に対しての為替特有の動きがわかる一覧表を写真でご提供させていただきます。 根本的に、この為替特有の動きは、毎日重要ですので、まずは、この動きの波に上手に乗らなければ、何も始まりません。

日本市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場は、 何といっても為替の三大市場ですので、為替の動きも活発。

とくに、日本市場の午前9時(株式スタート)、午前10時(銀行の仲値が決定)、 午後3時(株式クローズ)、日本時間の夕方(ロンドン市場スタート)、 日本時間22時(ニューヨーク市場スタート)、日本時間の夜中(ロンドン市場クローズ・ 一般的にニューヨーク市場は何かと動きがある)


下記の写真をみていただくとわかっていただけると思いますが、為替市場は、冬時間、夏時間…とあるのですが、冬と夏では一時間ずれています。
為替独学その2
自分が仕事しやすくなるのならば、このように仕事に必要なツールを自分でドンドン作りましょう


<3>為替相場があまり動かない時期…ステキな充電期間ですよ~


為替が、なんだか、ダラダラと同じような所で居座っていて、上にも下にもメリハリが無く、言い方は悪いですが…イライラくる状況が続いて、注文を入れたくても、とてもじゃないですが、注文を入れられる状況じゃない時って多々あります。 特に、デイトレーダー(毎日商い結果を出したい人)にとっては、耐え難い状況です。 私も、デイトレーダーなので、毎日動かしたくてしかたありません…(≧▽≦)

でも、こういう動きのとりようがない時は、プロではない私たちは、充電期間に充てることをおススメします もし無理に「えいやっ」と、賭け事のように注文出して、ポジションを持って、笑っていられないような悪い結果になってたんじゃ、元も子もないので…
サッサと充電期間にあてましょう

以前、私が参加したあるセミナーの講師(現役アナリストの方)が言っていましたが、 為替のプロの世界は厳しく、「今日はお休み」(要するに何も注文出したくない)は使えないそうで、 とにかく「与えられた目標通りに毎日必ず状況を動かす」というルールだそうです。

プロではない私たちは、「今日はお休み」を選択できるだけでも幸せだと思いますよ~

話を戻しますが…
じゃ~ !「充電期間に何をするの~?」…ということですが…

私の場合…
為替に関することだったら、10月27日の記事の<6>項目でも少し触れています「維持率の扱い」が自分のものとなるようにイメージトレーニングをしたり、下の写真の資料のような、自分が仕事をしやすくなるツールを作成して、更なるイメージトレーニングをしたり…しますが、

為替のことを全く考えないで、過ごすのも良いと思います。
でも、この場合でも、一日の動きぐらいは、ちゃんとチャートで確認しといてくださいネ!
チャートだけは、毎日確認しておかないと、「いざ!商いに戻ろう」と思っても、なんだかイメージがボケちゃって、戻れなくなりますよ~
 
為替独学その3 
上の写真の資料は、「○○円でポジションを持っているとき、為替が1銭動くといくら儲かるか」とか
「いくら損をするか」といった状況を計算せずに一目見るとわかるようにしたくて、あるときエクセルで、私が作った物です。要するに損益のパラメータ表です。
これを作ったのも、過去の、やはり…充電期間でした。

とにかく…
いつ何時も、ワクワクしながら、楽しくやるのが一番ですよ~

<4>為替…大きく動いた後は慎重にエントリーしましょう。

実は、私、数か月間手仕舞い損ねたポジションを持つ羽目になったこと、何度かあるんです。

何故でこうなったか?というと…
トレンドが上昇トレンド(ドル買い方向)なのがわかっていて、あまりにも気持ちのいいくらい上昇を続けているのを見て、なんとな~く、「エントリーしないともったいないな~!」と、我慢ができなくて、買うにしてはまだ値段が高すぎたのですが買ってしまい、その日の夜、「買うにしては高く買いすぎたな~しまった!」と感じたのですが、その数日後に、ラッキーなことに、たまたまその値段まで、為替相場が戻ってきたのです。
しかし、ちょっとのタイミングで、このチャンスを儲けにすることが出来なかったのです。決済の指値も入れていなければ、外出中なので為替チャートを見ることもできないから、当然ライブでタイムリーな成行注文を出すこともできず…気がついた時には、また下に行ってしまいました。
それからというもの、ドル円は2,3円下に下がった所で、トロトロしているだけで、上に2、3円戻ってくるのはいつのことやら…?ってくらい、数カ月間、膠着状態を繰り返すだけでしたが、数か月経過して、やっと戻ってきてくれて、この時は無事に利益確定できました。

こういう無駄な期間…
他から用意できるさらなるポジションのための資金もなく、ひたすら待つだけの数か月間となってしまったわけです。(思わぬ大失態でした…<(_ _)>)
デイトレーダーは、一番これだけはやっちゃいけないんです。ほんとはネ!
 
ということで…何が言いたいかというと、
上昇下落も、どちらにも言える事ですが「上昇し続ける」、あるいは「 下落し続けるっ」ていうことは、ありえません。

一気に上昇した、一気に下落した後は、実は3日間くらいはエントリーは控えて、今後の為替相場は、どんな様子に変わるのかな~と気持ちに余裕をもち、しっかりチャートで検証してください。
自分なりの、考えがしっかりまとまってから、慎重にエントリーしてください。

その時!その時!、底値と天井を考えながら、高く買いすぎたり、 底で売りから入っちゃったり…は後で、大ヤケドすることに!

初心者は、一先ず、トレンド方向のポジションだけにしておいた方が無難ですよ~
上昇トレンドなら、底で買って天井で出ればいいでしょ~
トレンド方向ならば、万一手仕舞え損ねても、またその値段まで戻ってくる可能性は高いですから、安心なんですよ!


<5>為替取引…自分の目指す取引への「こだわり」を大切に

2015年5月末のある日、為替に関して、私が考えていたことが下記に記されています。
このように「自分の目指す取引はコレ」をハッキリさせることは、とても大切なことです。
まず読んでみてください!


~~~~~

一昨日と昨日、上昇上昇…気持ちのいいくらい、サクサク動いていたドル円為替相場!
私は、エントリーせず、チャートで動向を見守るだけに留まったのですが、

さぁ~本日の為替…ドル円

今日ぐらい…「底値と感じた値段で、買エントリーしようかな~」と、
朝から、ド真剣にチャートと「にらめっこ」している状況…

金曜日、週末であり、月末であり、
一旦買って、買って、買って、リカクを待っている人たちが、リカクを実行しやすい環境かもしれないな~と想像すると、余程慎重に買うべき値段を判断しないと、また過去のように、エントリーしたはいいけど、抜け出せないという悩みを抱えることになってしまうので、怖くて…まだ買えない。まだチャートと「にらめっこ」は続いている状況!

今さっき、124円にタッチしたかと思うと、満足したのか…またドルは売られて、今は売りがつよそう…(≧▽≦)
朝から、ず~っと観察してきた感じで言うと、123.65付近で下げは食い止められてるような印象はあるけれど、この17時以降は、為替海外市場にありがちな荒い動きになるとすると、今度は123.65では食い止まらず日中よりもっと下まで行くような…?

昨日も、私にとっては、難しかった。
あんなに、上昇ばかりだと、あんな高値では買いではエントリーは、到底できない。
いつ売りに転換するかわからないから…
今は、トレンドは上昇トレンドだから、私は、トレンド方向のポジションしか持たないことにしているので、「その日の底値で買う」を徹底させたいから…

~~~~~~~~

無理に、「えいやっ」とエントリーしても、自分の思っている結果は決して出ません。
自分の目指す為替取引きへの「こだわり」は、自分のルールでもあるので、大切にしてくださいネ!


<6>為替、よく考えて「エントリー」&欲張りすぎず「リカク」

~~~~~~~~

(<5>のその後つづき…
私の為替チャートと「にらめっこ」は、23時まで続く。

19時くらいに、一度、エントリーしようかな~と迷ったが、
なんとな~く23時くらいまで、検証を続けた方が無難かな~と思い直し、
結局19時頃にはエントリーせず。

19時頃にエントリーしようと考えたのは、
123.70とか123.60あたりで、やっと底堅さを感じたから…

先日は、朝から、他の用事をこなしながら、ず~っと為替チャートを検証していたので、
底堅さにも確信を持ってはいたが、週末であり、月末の場合、
とんでもないことが起こるかもしれないので、
念のため、慎重に考えて、23時まで為替チャートで動きを見守る。

で…
23時、寝る前に、為替チャートをみると、私の考える底値まで、
また値が下落していたので、迷わず、買いでエントリーし、
リカクは「またここまでは上がってくるであろう」と思われる値段に指値をして、
就寝しました。
~~~~~~~~

土曜日に、結果を見ると、
見事に、予想通りのリカクが出来ていました…清々しい気持ちになりますよ~

少し前の私なら、入りたくて入りたくて…ついに我慢できなくて、とっくにエントリーしちゃってると思います(笑)これで、たまたま当たればいいですが、こういう時ってハズレも多くなるかな~!
自分で言っちゃ…なんですが…「随分成長しました!うん!うん!」

私は、デイトレーダーですので、このように「パッとエントリーして、パッとリカクする」を徹底させなきゃなりません。塩漬けポジションは作ってはダメなんです。こだわりをもってあらためて、頑張ろうと思っています。

今回のリカクは、まさに、私の好きな投資の格言「頭と尻尾はくれてやれ」 で、いきましたよ~

リカクの指値を入れるとき、あと+10か+20とれるような感じはあったのですが、確実にとれるであろう値段で、自分に言い聞かせました。

過去に欲張りすぎて、痛い思いもしているので…

<「為替チャートを見る」って具体的にどんな風にみていけばいいの?>
無駄をなくすことも考えながらという意味で、30分に一度とか、1時間に一度とか…ある一定のリズムでみる…みたいな感じで十分ですよ~
あと、そうは言っても、重要な経済指標の発表の時だけは、基本的に見た方がいいです。
かぶりつきで見るのは、今正にリカクをしようと考えているときです。

ついでに言うと…
私は、いかなるタイミングにも備えるべく、場合によっては、お風呂の中でも、ipadを防水パックに入れて、お風呂に入りながら、為替チャートをみることもあります。私がお風呂に入る時間はアメリカ市場がスタートする時間でもあるので、日によっては、為替チャートをライブでみることが大切な日もあります。

 

 為替独学その4


<7>為替、「損切りの金額」っていくらならOK?…あなたはどう考えますか?

毎日、為替取引していると、
たまに… 思い切って決断(損切り)下して、 次の一歩に繋げる方が有意義な場合も出てきます。

どんな時かというと…
トレンド方向ではないポジションを持っていて、 「利益確定のポイントまでは、もしかすると到達してくれないかな~! という時や、 あるいは、トレンド方向だけど、維持率的に、保持していられるか…わからないような事態(想定外の逆方向への相場の荒れ)が起こった時、 

こういう場合、 あえて、ポジションを持ったまま、頑張らず、 一旦確定させて(損が出た状態…要するに損切り)、ポジション解消して、 またチャンスのポイントからポジション構築したほうが有意義な場合もあります。
何日も為替取引ができない塩漬け状態にリスクを感じヒヤヒヤしながら陥るよりは、 こっちの方がマシな場合もありえます~ホントに!

過去に、私、頻繁に、為替のセミナーに参加していた時に、 同じ為替セミナー参加者の方なのですが、 先生に…「損切りの金額はいくらくらいまでならいいのでしょうか?」と質問なさる方を、 何度か見かけたことがありますが、 損入りの金額っていうのは、その人その人によって、 考えが分かれるんじゃないかな~と私は思います。 要するに、価値観が違いますし…

じゃ~「どう考えるの?」ということについて、 私の考えを、ちょっと書いてみようと思います。

基本的に一言で表現するとしたら、
「無くなっても(損切りしても)ショックじゃない金額」です

あと、各金額に対する自分のイメージを普段から明確にしておくと、 「この金額ならショックじゃない」「この金額ならすご~くショック」と すぐに、答えがでるんじゃないかな~と思います

私の、各金額に対するイメージですが…

( 100円)→ 結構おいしいオヤツが1つ買える金額
( 500円)→ スーパーやコンビニのお弁当1人分
(1000円)→ ランチ1人分
(2000円)→ スーパーに日々食材を買いに行くとき、よく払う金額
(3000円)→ 私が使っている化粧品で買える物あるな~
(4000円)→ 私が使っている化粧品で買える物あるな~
(5000円)→ 私が使っている化粧品で買える物あるな~
(7000円)→ 私が使っている化粧品で買える物あるな~/ヘアーサロンで20日に一回使ってる金額
(  1万円)→ ちょっとした洋服が買える/5日分くらいの食材が買える/有意義なまとまった金額
( 20万円)→ 1人が一か月十分に暮らせるくらいの大きな金額
( 30万円)→ 1人が一か月かなり十分に暮らせるくらいの大きな金額

…ざっとですが、このような感じ!

で、私が、損切りしてもショックでない金額は、原則5000円まで! どうしても、しかたがない時は、1万円まで、眼をつぶるって感じです

損切りの金額、違った側面から考えると、「いつかすぐに一回で取り戻せる金額」って感じでもあります。
 
(最後にちょっと余談ですが… )
この金額イメージは、子供にもやらせていまして、お金の価値がよくわかるみたいですよ~
「5000円っていうのは、500円の昼食代が10回分だね~」な~んて具合で…


~~~~~
スポンサードリンク



~~~~~
スポンサードリンク

CFDとは…
世界の株価指数、国債、原油、金など…あらゆる商品が少額から取引できるようになりました。その取引のことです。
~~~~~


◆私の他のサイトにも、お時間があるときに、是非覗きにきてください!
私って、「こんな人」ってところ、伝わるといいんですけど…(笑)

<Myユーチューブ>Fujikko Channel
東京湾の花火や夕暮れ時のタイムラプスを観ていただけます。
FBページ顔小

<空ログ✡地ログ>写真ブログ

色んな空の景色、色んな場所、写真とちょっとした説明で、感じたままを綴っています!
空ログ地ログ


にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ    

!(^^)!SNSのシェアボタン…よろしくお願いします!

FXを素人から独学するときに私がやってきた7項目2

FX独学その1

素人の私が、FXを数年間独学で学び、日常的に取引できるようになるまでのこと、雑記しています。これからFXを、私と同じように、素人から独学で勉強していこうと考えていらっしゃる方に、少しでも力添えになれば、幸いです。なお、1~7まで、必ず順番におよみいただきますようお願い申し上げます。
なお、この内容が十分に理解できました方は、次の「為替を素人から独学!…実際取引スタート!…大切な7項目」も、合わせてお読みいただければ幸いです。

2015年10月27日、
読者が更にご利用していただきやすくするためにページを作りかえて投稿しております!
****************************************
~ ~ ~ 目 次 ~ ~ ~

<1>FX習得は自学自習で十分対応可能
<2>FXのバイブル書をみつける
<3>FXをやらせてくれる(優良)業者を探す
<4>FX業者が主催の無料セミナー参加で「わからない」を即「わかる」にする
<5>FXデモトレード(デモ取引)でイメージを確認!
<6>FXデモトレードの間に確認しておくこと…その2
<7>FX素人からの独学…「たくさん寄り道」&「商い記録」で力をつける

****************************************

<1>FX習得は自学自習で十分対応可能

今から、6年程前の春、

「私、FX、向いてるかも…」
「勉強してみようかなぁ…」

…こんな軽い気持ちで始まりました。

「じゃ~!まず、本屋に行ってみて、FXについてかかれている本…ちょっと立ち読みしてみよう
…ということで、大きめの本屋に行きまして、約2時間くらい、ピピッと来た本を手に取り、乱読をしました。

その結果、感じたのは、「何冊か優良な本さえ手元にあれば、高い費用を払って、学校に行かなくても、十分学んでいけそう!」…ということでした。

色々と乱読した本の中から、早速、購入する本を決定(写真が購入したもの)し、隙間時間を利用して、読み始めました。

全部の本を、完全に読み終わるのには、結構な日数を要したことは、確かなのですが、そんなに頭を捻って捻って…って感じでもなく、ワクワクしながら読み終えた覚えがあります。

私もそうなのですが…
FXは、「数学的に物事を考えるのが好きな人」は、大変向いていますし、呑み込みが早いと思いますが、「数学的に…」が苦手な人は、ハッキリ言って、向いていない可能性があると思われます。

「はじめが肝心」ということわざがあるように、実は、このスタートの時にキチンとFXをやるための知識を学ばなくては、後々自分の「稼ぎ道具」にはなりきらないこととなってしまいます。

賭け事とは、決して違いますので、しっかりと自分の「稼ぎ道具」とするためにも、自分にとってFXのバイブル的存在の本を、まずは見つけなくてはなりません

FXを教える学校なども存在することと思いますが、確かに手っ取り早い最短コースには違いありませんが、費用がかなりかかると思われますので、なるべく初期費用を抑えて、空き時間にコツコツと勉強し、自分の「稼ぎ道具」としていったほうが醍醐味があります。

これから、素人からFXを独学しようと考えていらっしゃる方には、私は、自学自習をぜひ提案させていただきます

FX独学その2
↑ ↑ ↑
写真は、実際に私が独学の時に使用した書籍です。

上の写真の中で、当時、私が一番愛用していた本は、右のオレンジの本
この本はB5版で、目次も見やすく、必要最低限の重要事項をシンプルにまとめてくれているので、たいへん読みやすいです。素人には馴染む内容の書籍です。


同じ本がありましたので、リンク作っておきますネ!
よろしかったらご利用ください!(Amazonです)
↓ ↓ ↓
めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版 [単行本(ソフトカバー)]



<2>FX(為替)の私のバイブル書をみつける

前回の<1>で、記載しました、
「FXの私のバイブル書を見つける」ということですが、いろんな状況の事を学ぶ必要がありますので、何種類かの書籍を読んでいく必要があります


私が読んだのは、下記のような書籍です。

FX入門…みたいな書籍
まずはじめに、シッカリと理解しながら読まなくてはなりません。
この本は、後々、何度も何度も、読み返す可能性が高いので、自分にとっての使いやすさなど、よく考えて、自分で、探す必要があります。

経済指標について説明してある書籍
私の場合、「この指標発表の時は、こんな風に為替が動く」…などのように、経済指標とFXを関連付けて説明している書籍を買いました。
それと、なんと言っても、 経済指標といえば、アメリカですから、 アメリカの指標を絡めた書籍も、どうしても読みたくなり、買いました。

テクニカルチャートの使い方を説明した書籍
実際に仕事とする場合、 「一か八かの勝負、買いました!」なんて事、絶対にしてはなりません。
 
注文するのには、ハッキリとした根拠がないとなりません。

要するに、チャートから相場感を読み取り、自分の考えをシッカリ立てて、注文を入れなくてはなりません。の次に重要な書籍です。

以上のような書籍を読みながら、私の場合、更にノートを作り、そこにポイントとなることを、自分の言葉に置き換えて記載したりも、積極的にやりました。



めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版


一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる! [単行本]


ど素人がわかるFXチャート&経済指標の本
ど素人がわかるFXチャート&経済指標の本 [単行本(ソフトカバー)]



<3>FXをやらせてくれる(優良)業者を探す

FXの業者といっても、かなりの業者が存在しますので、その数ある中から、自分に合った業者をセレクトしなければなりません。後々長いお付き合いになる可能性もありますので、業者選びはじっくり取り組んでください。

FXのポータルサイトの業者比較表などで、しっかりと比較して、もし気になる業者が見つかった場合、もっと深くその業者について知るために、案内資料を取り寄せたり、
「口座開設前でも参加OKのセミナーあり!」とうたっている業者さんであれば、そのセミナーに参加してみて、スタッフの雰囲気も自分の馴染める雰囲気かどうか、確認することができます。
私の場合は、気になる業者のHPをしっかり閲覧するということは、かなり時間をかけてやりました。

また、どうせじっくり探す作業をやるわけですから、一業者だけではなく、作業のついでに、三業者くらいセレクトしておくと、一番手の業者が、万一、期待外れだった時でも、他の候補の業者に、
すぐに検討を変えることができますので…

                                                                                                                
業者(会社)の信用度について、しっかりと調査する
資本金、顧客数、総開設口座数、取引銀行、自分が預けているお金をキチンと保全しているか…等、万一、業者(会社)が破綻するようなことがあったら、預けている自分のお金の事が心配になってしまいますので、ここはしっかりと調査しなければなりません。大切な自分の資産を守るためにも、これも、かなり重要な作業です。

その会社のシステムの安定性&約定率
肝心な時にエラーが出ることが多かったり、システムダウンが頻繁にあったり、あるいは、指定した値段でポジションを手仕舞おうと注文をいれたのに、注文が滑って(スリッページ)、まさかの手仕舞えずの状態(約定できずの状態)になったり…
「今だ!」と思ったときにタイムリーに使えないシステムはイライラきてしまいます。
それどころか、損する結果になりますから…ここも限りなくしっかりとチェックしてください。

その会社の取引の際の手数料は自分にとって納得のゆく内容かをしっかり吟味する。
業者(会社)によって、営業スタイル、そして値段そのもの…みな、まちまちですので、自分が「この業者なら…」と、納得のゆく業者を探すしかありません。
ちなみに…手数料とは、一般的に、下記のようなものが含まれてきます。

スプレッドといって、(買の値段)と(売りの値段)の差額
取引自体の手数料…買い(手数料1回目)→売り(手数料2回目)

このように、手数料をかなりチャリン!チャリン!と支払うこととなりますので、「少しでも財布にやさしい」業者が良いということは言えます。

~~

以上、いろいろと記載してきましたが、とにかく、これらのバランスが丁度良い業者!そして何より、最後は「自分とその業者の相性」にかかってくるということです。
業者選び…いろんな方向から判断してみてくださいネ!



<4>FX無料セミナー参加で「わからない」を即「わかる」にする

先の項目<3>の業者がある程度絞られ、かつ<2>で見つけてきた書籍を、ひたすら…読み進めていきます。

そうすると…どうしても理解できない事、どうしてもイメージできない事などに、多々遭遇します。
必ず
メモやノートに記録しておかなくてはなりません。
これらのモヤモヤは、なるべく速攻で解決したほうが良いです
この先の学習のモチベーションに影響しますので…

具体的な解決策は…
<3>でセレクトした業者の企画している「無料セミナー」に参加することです。
今や、どの業者さんも無料セミナーには、かなり力を入れていらっしゃいます。

ちなみに、私が、セレクトした業者さんの場合…
当時、お台場の高層ビルの20数階の眺めのバッチリなフロアーに入っていらっしゃって、セミナールームは、格好の良いデスクとチェアーを装備し、とっても心地よい環境で受講できるようになっていました。

私が到着したら必ず、「お茶のペットボトル1本」と「ボールペン」のプレゼントがありました。
その他、会場には、自由に煎れて飲める美味しいコーヒーとちょっとしたクッキーなどもおいてありました。
「勉強しながらも、ゆっくりしていってください」…という気持ちが伝わってくる空間でした。

だいたい、1つのセミナーは約2時間設定になっていて、内容は下記のようなものでした。
   1.最初は講師によるテキストを使っての講義。
             (講師陣は、結構TVなどでも解説したり、有名な方も…)
   2.途中少し休憩
   3.講義内容に基づく演習問題と解説
   4.本日の感想とアンケート、解散

私は、解散の後が「貴重な時間」と考え、普段の「モヤモヤとわからない事」を解消するべく、スタッフを捕まえて質問をしていました。
どのスタッフさんも、快く質問に答えてくださいましたよ!

自分でコツコツ勉強しようと、セミナーに足を運んでいる所をきっと評価してくださっているんだと思います!

このようにして、様々なテーマのセミナーに、数多く参加しました。
もちろん、参加して、ヤッパリよかったです!



<5>FXデモトレード(デモ取引)でイメージを確認!

先の項目<4
>で、何回となくセミナーの受講をする毎に、 気持ちは…「実際の取引ってどんな感じだろう」と、 ドキドキする気持ちと共に、 ワクワクする気持ちも、両方とも高まってくることと思います。

このような気持ちになっていらっしゃる方は、 早速、デモトレード(デモ取引)で、テスト運転をスタートさせます。
 
いきなり自分の資産を投資し始めるのではなく、 仮想マネーで練習することができるようになっています。

仮想マネーですから、メチャクチャなことになっても、 リセットをかけて、またやり直せます(笑)
実際の取引では、やり直しなんて出来ませんから…(((( ;゚д゚)))

仮想マネーでシッカリと納得がゆくまで、練習を繰り返します。
ちなみに…私も今でも、注文方法の研究などで、あえてデモ取引を利用します。

私は、当時…
デモトレード(デモ取引)を、気が付けば、半年以上一年未満くらいやっていました。
その間も継続してセミナーにも通っていたので、デモトレード(デモ取引)で、自分がイメージしていた事以外の事態が起こった時は、セミナーのスタッフをつかまえて、タイムリーに違和感を無くすようにしていました。

違和感だらけ…になってしまうと、下げポヨになってしまいますので…(´?д?;`) 

デモ取引では、下記の事をしっかりと確認するといいです!

●取引画面は、自分にとって扱いやすいか?
注文の最低単位(必要金額は、自分の資産状況にフィットしているか?
注文方法は、多種多様の提供があり、状況によって、取捨選択できるようになっているか?
●一取引にかかる手数料は、本当に納得がゆくか?
 (会社によって、違いがありますので、今一度ココでしっかり検証)…等々

書籍で読んだだけでは、イメージがつかなかった所を、しっかりと検証するのに良いチャンスです


~ ~ ~ FX用語 ~ ~ ~

デモトレード(デモ取引)
バーチャルトレードともいう。実際に取り引きする前に、トレードのイメージを練習することができる。
どの会社もまず採用している感じ。

注文の最低単位(必要金額)
会社によっていろいろで、取り引きするにあたりの最低必要金額で、10万円から注文OKや、100万円からの注文しかできない会社や、色々なお考えの会社があります。
 
注文方法
書籍を読めば、たいがい説明があるかと思いますが、トレール、OCOなど…昔から言われている注文方法というものが存在します。使う使わないは別にして、一応全ての方法をちゃんと理解しておくべきだと思います。



<6>FXデモトレードの間に確認しておくこと…その2

FXデモトレードについて、前回の<5>で書き綴ってきましたが、他にも、デモトレードの間にしっかりとイメージしておいた方が良いことがありますので、今回は、それについても綴ろうと思います。

維持率(いじりつ)
をしっかりと理解すること!そして維持率に対するMyルールの設立を、デモトレードの間にやってください!

維持率とは、FXとか株とかをオンライントレードでやっている人なら、必ず知っている言葉なのですが、平たく言えば…自分が投資にあてている実際の資産部分(実際の金額)と既に投資している(エントリーしている)状況とのバランスを表す数字で、%で表示されます。

オンライントレードの場合、この維持率をしっかりチェックしながら、投資をするのは当たり前のこととなっています。

実際に取り引きを始めると、とにかく、この維持率の管理を自分でしっかりとやらなければ話になりません!

FXの場合しか、私は、わかりませんが…この維持率には、厳しいルールが定められており、それは、下記のようなものです。

東京15時ロスカット
15時時点において、維持率が100%を下回っていたら、強制的に損失を確定させられる。
自動ロスカット
時間に関係なく、維持率が50%を下まわったら、強制的に損失を確定させられる。

以上のように、FXの場合は、少ない資産(実際の金額)で、大きな金額を動かすことが出来る分、自由にさせておくと、大きな損失を生んでしまうリスクも常に存在している為、このような「ロスカット制度」を設けるようにFXの業者さんたちは、法律で義務付けられているのです。

じゃー!どんな風に、デモトレードで維持率のことを見ていけば…ということですが、私がやっていたのは…

ドル円相場で、(買いトレンド)(売りトレンド)かを読み取り、トレンドではない方向のポジションをわざと持つ。そうすると、損失が出ますから、その時に付属のシミュレータで、

…もしも、今から20円や30円、今のポジションから、さらに損失方向に為替が動いたら、維持率は何%?(「1日に20円動く」のは、普段はあり得ないことで、ちょうどリーマンショックや東日本大震災の時の不測の事態の動き方)

以上のように、「もしも…」と、いろんなあり得る数値を入力して、その時維持率がどう変化するかを、いろいろと研究しました。

このシミュレータは、どのFXの業者さんも搭載していらっしゃると思いますので、シミュレータを使って、しっかり研究してください。

こうやって、「もしも…」と、
ゴチャゴチャと考えて、維持率に対するMyルールをしっかり設立することが、
実際に取り引きをスタートさせた時、その場に流されて、アバウトな対応をとったり…を防止できますので…!デモトレードの間に、しっかり研究してください。



~ ~ ~ FX用語 ~ ~ ~

維持率 ・ 東京15時ロスカット ・ 自動ロスカット ・ ロスカット制度
上記の文中で説明しています。

買いトレンド
ドル円の場合だと、ドルが買われて、チャートでは上に上がってゆく感じ
(反対)売りトレンド



<7>FX素人からの独学…「たくさん寄り道」&「商い記録」で力をつける

私は、デモで研究中より、「今日の気付き」と題して、
商い状況やその日の反省点や次の施策をノートに書き綴っていました。性格…ということでもありますが‥(笑)

本格的に取引するようになってからは、更にバージョンアップし、一目で自分の商い状況がわかるようにと、ノートではなく、シンプルな作りで、且つたくさん(字)がかけるカレンダー(写真参照)に商い状況、反省点、次の施策等…記録しています。

あとで振り返ると、
『この月はよかったな〜』とか
『この月は最悪だったな〜』とか‥
とってもよくわかります。

他にも…FXの値…小数点の世界を扱うことになるので、はじめは、「どのくらいの数」…がなかなか見えてこないんですが、方眼紙を何枚も繋げて、Myチャートを作っているうちに、「どのくらいの数」を感じることができるようになりました。

今から考えると、『何をゴチャゴチャと時間のかかることやってたかな〜』みたいな‥寄り道たくさんしてきました(笑)

今はそんなことやらなくても、チャートを見ただけで、スーっと頭でイメージできるようになっていますが、それは結局…たくさん寄り道してきたからかな〜とも思っています。

いろいろと、試行錯誤したことは、絶対に無駄ではないです!
確実に自分の知識となっていきます!

実は毎年このカレンダーを使っています。
FX独学その3

方眼紙にMyチャートを作ると大きさが見えます
FX独学その4


~~~~~
スポンサードリンク


~~~~~

スポンサードリンク

CFDとは…
世界の株価指数、国債、原油、金など…あらゆる商品が少額から取引できるようになりました。その取引のことです。

~~~~~


◆私の他のサイトにも、お時間があるときに、是非覗きにきてください!
私って、「こんな人」ってところ、伝わるといいんですけど…(笑)

<Myユーチューブ>Fujikko Channel
東京湾の花火や夕暮れ時のタイムラプスを観ていただけます。
FBページ顔小

<空ログ✡地ログ>写真ブログ

色んな空の景色、色んな場所、写真とちょっとした説明で、感じたままを綴っています!
空ログ地ログ


にほんブログ村 その他生活ブログ その他生活情報へ    

!(^^)!SNSのシェアボタン…よろしくお願いします!
 


Google検索★別ウィンドウで開きます!
カスタム検索
スポンサードリンク
livedoor プロフィール
このブログ内の記事検索はこちら!
スポンサードリンク
このブログへのアクセスはこのQRコードから簡単に!
QRコード
スポンサードリンク
Google検索★別ウィンドウで開きます!
カスタム検索
  • ライブドアブログ